すごい価格で作った飲食店


実は、面白い話をします。

飲食店を開業する際に、コストがかかるというのが、経営者の悩みの種です。飲食店の内装を特徴を持たせようと思えば、すべて特注扱いで値段が非常に高くなります。

坪単価、80万円~100万円などと言われることは、都内では普通で、ちょっとしたお店をつくれば、3000万円以上のコストはふつうにかかります。

高いのが悩みのたね。

 

でですね。私のクライアントさんの話をすると、

なんでもいいから、激安でつくりたいということで、京都でイタリアレストランを開業したお客様の話ですが・・・

 

実は、80席のお店のテーブル、椅子、家具、壁にはるモールディング、シャンデリアなどの照明などを合わせて、たった300万円でそろえた人がいました。

中国のローカルな家具市場、建材市場でいろいろそろえた結果です。

本人は、最低でも1000万円~1500万円はかかると計算していたようですが、玄関ドアだけは、私が、日本製にした方がいいと進めたので、それだけで100万円以上したと、建築が終わった後に、つっこまれました。

 

完璧なきれいさをもとめないのなら、格安の中国の家具でも全然OKということをはなしていました。イタリアレストランですので、テーブルには、クロスをかけるので、細かいことは気にならない。椅子もしっかりした素材であれば、多少デザイン性が悪くてもアンティークということでOKとはなしていました。

考え方ですね。

 

実は、内装工事も自分たちでできる仲間がいれば、ある程度、ユニットとして中国の工場でつくってしまえば、仕入れコストは、坪10万円以下にできるというのも夢ではないのです。でも、できる範囲は、限定されますが・・・

 

そんなビジネスモデルも考えられます。海外調達のおもしろさですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク